安全で食いつきが良いキャットフードを我が家の猫が実際に食べた上で評価するおすすめ人気ランキングサイトです。

【悲報】ねこはぐキャットフードはダイエットに失敗する?デブ猫はデブのまま?

 

我が家の猫はうちに来てから10年ほど経ちますが、今は丸々と太って相撲取りのようです。

このままでは肥満が原因で様々な健康リスクを負ってしまうと考え、いくつものダイエットフードを試してきました。

 

が、どれもうまくいかずデブ猫はデブのままでした。

そこで「最近話題の高品質なねこはぐキャットフードなら痩せられるかな?」と思い購入しました。

 

ねこはぐキャットフードをデブ猫に与えてダイエット出来るのか?

さっそく届いたねこはぐキャットフードを調べてみました。

ねこはぐキャットフードのカロリーは100gあたり383kcalと、一般的なキャットフードと大差ありません。

タンパク質は28.5%以上と記載されていますね。

そして脂質は16.0%以上となっています。

そして国産ならではの食材、腹持ちの良い国産雑穀米を使用してるのでダイエットやカロリー制限に役立ちます。

そして主な原材料は鶏肉・鰹節・煮干・雑穀・海藻類など、いかにも健康そうなラインナップですね。

しかもそれらの食材は子猫からシニアまで安心して食べ続けられるように、人間でも食べる事が出来るヒューマングレードで作られています。

ヒューマングレードとは人間が食べる事が出来る・人間が食べられるレベルの食材を使用している、という意味です。

この情報を合わせて考えると、ねこはぐキャットフードは市販のキャットフードよりもダイエットに向いていると感じました。

 

ですがこの他にも、ねこはぐキャットフードが市販のキャットフードよりダイエットに向いている理由を見つけたのでご紹介したいです。

 

猫のダイエットで大事なのは三大栄養素

実はねこはぐキャットフードを購入した際に「愛猫大辞典」という小冊子が同梱されていました。

愛猫大辞典の4ページ目に三大栄養素について書いてありました。

  • 炭水化物
  • タンパク質
  • 脂質

この3つの栄養素が三大栄養素と書かれています。

雑食である人間や犬と違い完全なる肉食動物の猫は、必要な栄養素の比率が異なります。

猫に必要な栄養素は脂質20%・タンパク質35%・炭水化物45%と書いてあります。

 

人間や犬がグラフの半分以上を炭水化物が占める中、猫の場合は半分以下ですね。

実はダイエットを成功させるには栄養素のバランスが非常に大事になってきます。

そして猫は肉食動物ですから炭水化物よりも脂質やタンパク質が、最も消化吸収しやすい栄養素なんです。

なので低品質なキャットフードのように炭水化物だらけで、脂質やタンパク質が不足すると栄養失調になる可能性も。

そして消化吸収の悪い炭水化物からはあまり栄養素を摂取出来ませんので、必然的に食べる量が増え、カロリー過多になってしまうんです。

結局これが肥満に繋がってしまう訳なんですね。

ではどうすればいいのかというと、高品質な脂質とタンパク質を与える事が猫にとって最も適したダイエットなんです。

そしてねこはぐキャットフードのタンパク質と脂質の栄養バランスは

  • タンパク質28.5%
  • 脂質16.0%以上

このように、猫にとって最適だと分かります。

しかもねこはぐキャットフードは市販のキャットフードに使われている添加物なども一切使用していないので、猫にとって必要のない物質は含まれていません。

(風味オイルや小麦粉・その他あらゆる添加物が、ねこはぐキャットフードには含まれていないので安心・安全です)

やはり栄養バランスの取れたねこはぐキャットフードは、市販のキャットフードよりもダイエットに適していると考えられます。

しかしどんなにダイエットに向いている高品質なキャットフードだったとしても、飼い主さんがご飯を与え過ぎていたら元も子もないでしょう。

 

もし愛猫の健康を考えるならねこはぐキャットフードに切り替えるだけでなく、飼い主さんが愛猫を「太らせない」意識も大事になってくると感じます。

 

関連記事

ねこはぐキャットフードのリアルな口コミ|国産は食いつきが悪い?

 

ねこはぐキャットフードを最安値でお試し可能?1食38円の裏テク!

 

ねこはぐキャットフードの解約方法を詳細説明!他1食38円の秘密?

 

キャットフードおすすめランキング人気順はこちら