安全で食いつきが良いキャットフードを我が家の猫が実際に食べた上で評価するおすすめ人気ランキングサイトです。

カナガンキャットフードの原材料は危険?猫のアレルギーと安全性について

カナガンキャットフードの画像

カナガンキャットフードは動物愛護先進国のイギリスで、新鮮なフードを提供するため大量生産せずに作られています。

もちろん食材は厳選された高品質な物を贅沢に使用。

ですが信じられない事に、そんなカナガンキャットフードの「原材料が危険?」といった口コミを見ました。

 

もしカナガンキャットフードを買おうか迷っていらっしゃる方がいたのなら、こんな口コミを見てしまっては不安になるかと思います。

なので実際の所「カナガンキャットフードの原材料は危険なのか、そうではないのか」詳しくご説明していきましょう。

(※猫のアレルギーと安全性については記事後半で)

 

カナガンキャットフードの原材料は危険?

↓さっそくカナガンキャットフードの原材料と成分表を見てみましょう。

カナガンキャットフードの原材料と成分表の画像

チキンやサツマイモ、ジャガイモ等が使用されていますね。

(実はペットフードは、含まれる原材料が多い順から記載するように義務付けられています)

つまりカナガンキャットフードはチキンが最も多く使用されているんですよ。

 

ですがこの表を見ても「何が危険で、何が危険じゃないのか分かりません(汗)」なんて方が多いと思います。

なので市販の安価なキャットフードの原材料と見比べて、どのように違うのかを見ていきましょう。

 

市販の安価なキャットフードの原材料

ではこちらの安価なキャットフードと比べてみたいと思います。

安価なキャットフードの画像

↓このフードの原材料の一部です。

市販のキャットフードの原材料の画像

この家禽ミールってなんだか知っていますか?

実は家禽ミールとは鶏やアヒルの、人間の食用に使用出来ない部位(頭・クチバシ・羽・爪・内臓・骨)等の脂分を取り除いたくず肉の事なんです。

家禽ミールは粗悪なくず肉のため猫の消化吸収率は極めて悪く、とても大切な家族である愛猫には与えられません

 

↓続いては別の安価なキャットフードです。

市販のキャットフードの画像

↓こちらの原材料をご覧下さい。

肉類(ミートミール)と表記されていますよね。

このミートミールとは羊・牛・豚の血液やツノ、毛、内臓の脂分を取り除いたくず肉の事です。

このミートミールも家禽ミール同様、消化吸収の効率が悪く決して猫の身体に良い訳ではありません。

市販の安価なキャットフードの原材料には、こういった危険な食材や成分が含まれている場合が多いんですね(汗)

 

カナガンキャットフードの原材料

↓さて、ここでもう一度カナガンキャットフードの原材料と成分表を見てみましょう。

家禽ミールやミートミールの表記はありません。

つまりカナガンキャットフードは粗悪なくず肉や危険な成分は一切含まれていない事が分かると思います。

カナガンキャットフードの原産国であるイギリスは、動物愛護と同時にペットフード先進国でもあります。

 

そんな国で作られているキャットフードの生産基準が低いはずがありません。

それどころかカナガンキャットフードはヒューマングレードで作られているので、市販の低品質なキャットフードとは品質の次元が違います!

ヒューマングレードとは「人間も食べる事が出来る・人間が食べられる水準の食材を使用している」といった意味です。

食材の画像

そしてカナガンキャットフードは

  • 高タンパクなイギリス産平飼いのチキン
  • 消化吸収が良く腹持ちも良いサツマイモ
  • 猫の健康を維持するミネラル豊富な海藻類
  • 若々しさを保つマリーゴールドやクランベリー

を主に使用しています。

このようにカナガンキャットフードは粗悪なくず肉を一切使用せず、新鮮な食材のみを贅沢に使っているんですね。

なので安心して愛猫にカナガンキャットフードを与える事が出来ます^^

 

猫の画像

 

 

 

 

猫のアレルギーとカナガンキャットフードの安全性とは?

猫とアレルギーって聞くと大抵の方は猫アレルギーを思い浮かべると思います。

猫アレルギーは身体がかゆくなったり、くしゃみが止まらなくなったりと色々大変そうですよね(汗)

しかし今回は猫アレルギーではなく「猫のアレルギー」について詳しくご説明したいと思います。

 

猫のアレルギーは複数ありますが、近年一般的に知られてきたのが小麦粉アレルギーです。

小麦粉の画像

この小麦粉アレルギーを持つ猫が小麦粉を大量に含むキャットフードを食べると

  • 脱毛
  • かゆみで身体を引っ掻く
  • うみが出てくる膿皮症(のうひしょう)

こういった症状が出てくる場合も。

↓ちなみに市販の低品質なキャットフードには小麦粉が含まれている可能性が高いんです。

原材料に小麦粉を使っている画像

なのでこういった市販の低品質なキャットフードを安易に愛猫には与えられません(汗)

そこで気になってくるのがカナガンキャットフードは、小麦粉アレルギーの猫でも食べらる安全性を持っているかどうかですよね。

実はカナガンキャットフードはグレインフリーで作られているんです。

なので安心して愛猫に与える事が出来るんですよ^^

グレインフリーとは穀物類(小麦粉・米・トウモロコシ等の穀物全般)は不使用という意味です。

小麦不使用の画像

更にカナガンキャットフードは健康的では無い人工添加物を一切使用していません。

例えば

  • 食いつきを上げるための調味料
  • 見た目が鮮やかになる着色料
  • 猫の嗅覚を刺激する香料
  • 保存期間を無理やり伸ばす人工保存料

こういったものは全て使用していません。

つまり無添加という事なんですね。

なので添加物が気になる方でも安心してカナガンキャットフードを与える事が出来ますよ。

 

カナガンキャットフードの原材料のまとめ

ネット上ではカナガンキャットフードの「原材料は危険」といった口コミが、多少なりとも流れているようです。

しかし実際にはカナガンキャットフードほど上質な原材料を使用しているキャットフードは無いのではないでしょうか。

それにカナガンキャットフードは

  • ヒューマングレード
  • グレインフリー
  • 無添加

で出来ていますから、その安全性は市販の低品質なキャットフードに比べれば非常に高いと言えるでしょう。

やっぱり大切な家族である愛猫の健康を考えるなら市販の低品質なキャットフードではなく、カナガンキャットフードのように高品質なものを選びたいですよね^^

 

 

 

 

関連記事

 

カナガンキャットフードの口コミは詐欺?真実を大公開|悪評や評価も暴露

 

カナガンキャットフード最安値購入したい方はコチラ!販売店・取扱店は?

 

カナガンキャットフードの販売店・取扱店を徹底調査|最安値の購入方法

 

カナガンキャットフードとモグニャンキャットフードを徹底比較!