安全で食いつきが良いキャットフードを我が家の猫が実際に食べた上で評価するおすすめ人気ランキングサイトです。

カナガンキャットフードの適切な給餌量とマル秘裏技|対象年齢は?

カナガンキャットフードの画像

カナガンキャットフードは厳選された上質な食材のみを使用し、製造されている高品質なキャットフードです。

そんなカナガンキャットフードをせっかく買ったけれど「適切な給餌量が分からない」なんて事、無いですか?

大切な愛猫の体重管理は私たち飼い主の役目ですから、適切な給与量は把握しておきたいものです。

 

そこで今回はカナガンキャットフードの適切な給餌量を詳しくご説明していきたいと思います。

更に記事中盤ではどのご家庭にも必ずあるあの道具で、簡単にフードを計量出来るマル秘裏技もご紹介していきたいと思います^^

(対象年齢は記事後半でご紹介します)

 

カナガンキャットフードの適切な給餌量

さっそく成猫と子猫に必要な1日の給与量を見てみましょう。

↓成猫の給餌量

体重(kg) 1日の給餌量(g)
~2.5kg 25~35g
2.5~3.5kg 35~45g
3.5~4.5kg 45~60g
4.5kg~ 60g~

↓子猫の給餌量

月齢 1日の給餌量(g)
2ヵ月以下 20~30g
2~4ヵ月 30~55g
4~6ヵ月 55~75g
6~12ヵ月 75g~

このようにカナガンキャットフードの給与量は成猫の場合は体重別、子猫の場合は月齢別に細かく分かれています。

ただし猫には個体差があり(年齢・体重・活動量・住環境などに応じて)適切な給餌量は変わってきます。

 

なので最初は下限から始め、そのつど調整して与えていきましょう。

↓カナガンキャットフードの袋の裏側にも成猫の給与量が記載されていますので参考にしてみて下さい。

カナガンキャットフードの裏側の画像

しかしここで注意点があります。

実は太り気味の猫や痩せ気味の成猫にカナガンキャットフードを与える場合、少し量が変わってきますのでご注意下さい。

  • 太り気味の猫→10%減らす
  • 痩せ気味の猫→10%増やす

このように適正体重になるまで調節して与えます

(愛猫が太っているのか痩せているのか分からない方は動物病院で検査してもらいましょう)

 

↓カナガンキャットフードの袋には子猫の給与量も記載されていますね。

カナガンキャットフードは年齢が2ヵ月以下の子猫にも与える事が出来ます。

つまり離乳食にも使えるんですね。

離乳食は子猫の個体差にもよりますが、歯が生え始めた生後4週間前後から始まるんですね。

ですがカナガンキャットフードはドライフードですから、歯が生え始めた子猫には固すぎて食べられません。

 

なのでぬるま湯などでふやかして与えてみて下さい。

時間にして約1時間位が丁度良いでしょう。

約1時間程度ぬるま湯に浸けておけば、中までしっかりふやかす事が出来ます。

 

ただし、いつまでもふやかして与えていては子猫のアゴの発達に悪影響が。

なので1週間位を目安に徐々にふやかす時間を減らしていきましょう。

そして最終的にはふやかさなくても食べられるように調節して下さい。

 

カナガンキャットフードは一般的な給餌量だと何日で消費する?

基本的に猫の平均体重は一般的に3.6~4.5kgと言われています。

猫の画像

そんな平均体重の猫にカナガンキャットフードを与えた場合、1袋はどの程度で消費されるのでしょうか?

上記の表では3.6~4.5kgの猫は1日に45~60g食べますよね。

なので仮に平均体重の猫は1日に50g食べると仮定しましょう。

 

そしてカナガンキャットフードは1.5kg(1500g)あります。

という事は1500g÷50g=30日。

 

つまり平均体重の猫はカナガンキャットフード1袋を、だいたい1ヵ月で消費する計算になりますよね。

カナガンキャットフードはドライフードですが、開封後はなるべく早く消費するのが望ましいです。

あまり長く置いておくとフードが酸化してしまい、鮮度が落ちてしまいます。

そうなると味や香りが悪くなり愛猫が食べなかったり、時には体調を崩す可能性も。

 

なのでそう考えるとカナガンキャットフードは丁度良い量なんですね^^

 

どのご家庭にもある「あの道具」を使って計量するマル秘裏技

猫のご飯(餌)ってどうやって量っていますか?

やっぱり計量カップや計量器を使って量っている場合がほとんどなのではないでしょうか。

計量カップや計量器で量るのって、足したり減らしたりと結構面倒ですよね(汗)

計量器の画像

それではマル秘裏技で使用する「あの道具」をさっそくご紹介したいと思います。

↓「あの道具」とはなんと、レンゲの事なんですね!

実はこのレンゲ、1杯でカナガンキャットフードが10gすくえるんですよ。

なので計量器を使って量るより簡単に、そして素早く量る事が出来るんですね。

↓10g(1杯)は大体このくらいです。

カナガンキャットフードと計量器の画像

↓30g(3杯)だとこのくらいの量になります。

カナガンキャットフードとレンゲの画像

もし計量カップや計量器で量るのが面倒な方は、試してみては如何でしょうか^^

 

 

 

 

カナガンキャットフードの対象年齢は?

カナガンキャットフードはイギリス産のチキンを60%以上も使用している高品質なキャットフードです。

その他にも消化が良く腹持ちの良いサツマイモ。

栄養価が高く、ミネラル豊富で愛猫の健康維持に役立つ海藻類等々。

また、マリーゴールドやクランベリーが健康的で若々しい身体作りをサポートしてくれます。

カナガンキャットフードの食材の画像

そんな健康維持に最適なカナガンキャットフードは全ライフステージに対応しているんですね^^

つまり対象年齢は、子猫からシニア猫までの全年齢なんですよ。

市販のキャットフードは年齢別に分けられている場合が多く、フードの切り替えが面倒だったりしますよね(汗)

 

ですが全年齢対応のカナガンキャットフードなら子猫からシニア猫になるまでの間、切り替えの必要がありませんので助かります。

 

シニア猫の給餌量は?

猫は7歳を過ぎると老猫だと言われています。

人間でも一緒ですがシニアになると1日の必要カロリーは減少しますよね。

ですが残念ながらカナガンキャットフードの公式サイトや袋にはシニア猫の適切な給餌量は記載されていません。

シニア猫の画像

子猫からシニア猫まで与えられるのなら、シニア猫の給餌量も書いて欲しいですよね(汗)

そこでシニア猫に与える適切な給餌量の計算式をご紹介したいと思います。

その計算式は50kcal×体重=1日の摂取カロリーとなります。

例えばシニア猫の体重が5kgだと仮定しましょう。

 

そうすると50kcal×5kg=1日に必要なカロリーは250kcalという訳なんですね。

これをカナガンキャットフードに置き換えてみます。

カナガンキャットフードは100gで390kcalなんですね。

つまり体重が5kgの老猫がカナガンキャットフードを食べる場合、1日の給餌量は大体64gになります。

↓体重別の給餌量

体重(kg) 1日の給与量(g)
~2.5kg 32g
2.5~3.5kg 38g
3.5~4.5kg 51g
4.5kg~ 57g

これはあくまで目安ですが参考にしてみて下さい^^

 

カナガンキャットフードは全猫種対応?

近年のキャットフードは全猫種対応が増えてきた気がします。

↓そしてもちろん、カナガンキャットフードも全猫種に対応しているんですよ。

カナガンキャットフード公式サイトの画像

その理由の1つに

  • グレインフリー
  • ヒューマングレード

が挙げられます。

カナガンキャットフードはグレインフリーなので高タンパクでありながら低炭水化物なんですね。

しかも猫は小麦粉アレルギーを持っている場合もあるので、グレインフリーなら安心して与える事が出来ます。

グレインフリーとは穀物類(小麦粉・米・トウモロコシ等の穀物類全般)を一切使用していないという意味です。

更に猫の健康を考え、ヒューマングレードで作られています。

ヒューマングレードとは人間が食べられる食材、人間も食べる事が出来る水準で作られている事を指します。

厳選された人間でも食べる事が出来る新鮮な食材が、愛猫の健康を強力にサポートしてくれるんですね。

そしてカナガンキャットフードの主原料はイギリス産平飼いのチキンを60%以上使用。

猫は肉食動物なので主な栄養源は肉や魚に含まれるタンパク質なんです。

なので新鮮な鶏肉が沢山使われているカナガンキャットフードは、猫にとってごちそうになんですね。

このように全猫種が食べられるように、考え抜かれて作られているのがカナガンキャットフードなんですよ^^

全猫種の画像

 

カナガンキャットフードの給餌量のまとめ

飼い猫にご飯を与える際、意外と適当に量って与えてしまった事ってありますよね(汗)

特に忙しい時なんて計量カップなどで「なんとなくこれ位」みたいに量ってしまう場合も。

そんな時に今回ご紹介した「レンゲ」を思い出してみて下さい。

間違いなく簡単に量れますよ^^

 

また公式サイトやフードのパッケージにも子猫や成猫の給餌量しか記載されておらず、老猫の給餌量の表記がありませんでした。

世の中には老猫を飼っていらっしゃる方も多いと思います。

老猫だって大切な家族ですから、給与量が分からないと困りますよね。

 

そんな時に今回ご紹介した「老猫の給餌量の目安」を参考にしてみて下さい^^

 

 

 

 

関連記事

 

カナガンキャットフードの口コミは詐欺?真実を大公開|悪評や評価も暴露

 

カナガンキャットフード最安値購入したい方はコチラ!販売店・取扱店は?

 

カナガンキャットフードの販売店・取扱店を徹底調査|最安値の購入方法

 

カナガンキャットフードとモグニャンキャットフードを徹底比較!