安全で食いつきが良いキャットフードを我が家の猫が実際に食べた上で評価するおすすめ人気ランキングサイトです。

実はシンプリーキャットフードは無添加じゃない?その真実を暴露!

 

いきなりですが愛猫の健康の事、考えていますか?

 

大切な愛猫には常に元気でいて欲しいと思いませんか?

やっぱり可愛い愛猫と、いつまでも一緒にいたいですよね?

そして愛猫の健康を考えるならば、ご飯(餌)が無添加であるのは当たり前です。

 

シンプリーキャットフードは子猫からシニアまで、長く食べ続けられるように動物栄養学者と共同開発された上質なキャットフードです。

しかし「いくら素材が上等でも添加物が大量に入っている」のでは意味がありません。

 

という事で「シンプリーキャットフードは本当に無添加なのか?」気になるところを調べてみました。

 

シンプリーキャットフードは無添加なのか!?

 

昨今、低品質から高品質のキャットフードが色々たくさんありますが、飼い主さん達はどんなキャットフードを愛猫に与えていますか?

ホームセンター等で売っているキャットフードは添加物が多く、愛猫の健康維持にはおススメ出来ない物も多いです。

 

シンプリーキャットフードは高品質ですが、本当に無添加で愛猫の健康維持に役立つのでしょうか?

さっそく、シンプリーキャットフードの原材料名と成分分析値をみてみましょう。

 

表を見る限りは変な物は入っていないようですね。

 

そして更に、シンプリーキャットフードは「自然のもので代用できる限りは人工添加物は不要」と言っています。

  • 保存料:ミックストコフェロールを使用
  • 調味料:人工調味料は不使用
  • 着色料:着色料も不使用

このように「シンプリーキャットフードは無添加である」という事が分かります。

 

「そう言われてもよく分からない」という方のために、もう少し説明しましょう。

 

保存料はミックストコフェロールを使用

このミックストコフェロールは平たく言うと「ビタミンE」の事を指し、植物油脂から得られている成分です。なので危険性は低く、比較的安全な成分です。

 

そして何故これが必要かと言うと、ミックストコフェロールは「天然型酸化防止剤」の1つでビタミン類や脂肪酸の酸化を防止するために使用されているのです。

 

以前は合成酸化防止剤を使っていましたが、発がん性物質が認められたため、近年は天然酸化防止剤のミックストコフェロールが主流となってきています。

つまりミックストコフェロールを使用しているシンプリーキャットフードは無添加であり、添加物満載の市販のキャットフードより安全性が高いと言えます。

合成酸化防止剤とは元々ガソリンの酸化防止のために合成された物で、1954年に食品への使用も認められるようになりました。(マーガリンやバター、食用油脂等)

ですが近年、ラットの実験によって発がん性物質が確認され、一部外国では食品への使用を禁止している国も出てきています。

市販のキャットフードには未だにこの合成酸化防止剤を使用している場合が多く、個人的にはおススメ出来ません。

(日本ではまだペットフードに合成酸化防止剤を使用してはならない法律が整備されていません)

人工調味料は不使用

基本的に低品質なキャットフードは素材の品質が著しく劣る場合が多く、人工調味料などの添加物によって猫の趣向性を刺激し「おいしい」と勘違いさせています。

 

これらの人工調味料は製造や使用において企業秘密として扱われている場合が多く、情報を得るのが困難なために、安全性を確認するのは難しいと言われています。

その点シンプリーキャットフードは

人工調味料は一切使用しておらず、間違いなく安心安全です。

 

更に言うと厳選された高級な食材をたっぷり使っているので、人工調味料など使用しなくても愛猫の食いつきや満足度は計り知れないでしょう。

着色料は勿論、香料も不使用?

人工調味料が猫の気を引くためのものだとしたら、着色料は飼い主さんの気を引くために付けられていると言っても過言ではありません。

 

猫は人間ほど色彩感覚が優れているわけではないので、ご飯(餌)に色とりどりの着色をしたとしてもあまり意味がありません。

 

着色料が使用されていないキャットフードは茶色っぽいものが多いです。

 

キャットフードおすすめランキング4位

赤っぽい美味しそうな色は着色料の色で、本来の肉類の色ではありません。

 

(猫は赤色を認識出来ないので赤い着色は、飼い主さんの購買意欲を高めるために付けていると思ってもらって構わないと思います)

そして当然シンプリーキャットフードは、着色料は一切使用しておらず、食材本来の色で勝負しています。

これでシンプリーキャットフードは保存料・味・色と、無添加である事を説明してきましたが、もう1つ気になる点があります。

 

それは香りです。

 

正直言うと安物のキャットフードは粗悪な食材で作られている場合が多いので、猫の食いつきが悪いのです。

 

そのため香料などを混ぜ、これまた猫に勘違いさせて食べさせているのです。

そのようなキャットフードは避けるのが無難です。

それではシンプリーキャットフードの香りはどうでしょか?

シンプリーキャットフードを嗅ぐと、臭いがきついと感じる飼い主さんもいるようです。

「ひょっとして香料を使用してる?」と思うかもしれません。

 

実はシンプリーキャットフードから漂うサーモンやチキンの強い香りは、食材そのものの香りで、猫が大好きな匂いなんです。

つまりシンプリーキャットフードは人工の香料は全く使用していません

 

ここまでお話してきましたが、愛猫の健康を考えれば無添加以外はあり得ない気がしてきました。

猫の体は人間より小さく、添加物の影響を受けやすいです。

そんな中、無添加のシンプリーキャットフードは猫の健康や体調管理に、かなりおススメ出来ます。

 

 

さて、添加物の説明をしてきましたが、改めて無添加のシンプリーキャットフードの素晴らしさを感じました。

 

そしてこれまでの話をまとめてみましょう。

  • 無添加のシンプリーキャットフードは香りが豊か
  • 無添加は愛猫の健康維持に向いている
  • 添加物満載の食事は人間で例えるなら毎日カップラーメンを食べているようなもの
  • 低品質のキャットフードでは愛猫の健康を損ねる恐れがる
  • 市販のキャットフードは無添加がほとんど無い。「価格=品質」は避けて通れない
  • 愛猫が今以上に飼い主さんの事が好きになる
  • シンプリーキャットフードは素材本来の風味があって猫も大喜び

 

美味しそうにご飯を食べる愛猫を想像してみてください。

いくら安いからといって質の悪い市販のキャットフードでは愛猫が可哀そうです

 

ご飯を与える側としても、安物のキャットフードを与え続けたせいで「愛猫の寿命が縮んでしまった!」なんて思いたくないですよ。

大事な愛猫にはシンプリーキャットフードのような無添加のご飯をいっぱい食べてもらって、長生きして欲しいですよね。

関連記事

シンプリーキャットフードの最安値|一食37円の裏技を削除前に暴露

 

シンプリーキャットフードの解約方法と最高のコスパを暴露

 

シンプリーキャットフードの口コミ!気になる悪評も

 

キャットフードおすすめランキング人気順はこちら