安全で食いつきが良いキャットフードを我が家の猫が実際に食べた上で評価するおすすめ人気ランキングサイトです。

モグニャンキャットフードを猫に与えると危険?残念過ぎる悪評・評判

モグニャンキャットフードは香りと味わいを追求した極上のキャットフードです。

そんな中、モグニャンキャットフードについて信じられないような悪評や評判をいくつか目にしました。

それは「モグニャンキャットフードは危険だ」といったものです。

 

どういう訳だか、そんな口コミがネット上でチラホラと見かけますね。

なのでそんな「モグニャンキャットフードは危険」といった悪評や評判を紹介して、本当なのか検証していきたいと思います。

突然ですが愛猫のため「モグニャンキャットフードを試してみたい!・・・けど、ちゃんと食べてくれるか心配(汗)」って方に朗報です!

 

実はただいまモグニャンキャットフード公式サイトにて、お得なキャンペーンが実施中となっております。

 

そのお得なキャンペーンとは、web限定で先着1,000名様を対象に100円モニターを募集しているんですね!

このキャンペーンではモグニャンキャットフード2回分(50g)を、たったの100円でお試し出来るんですよ。(送料無料)
 

つまりたったの100円でモグニャンキャットフードの食いつきを確認出来るんですね。

 

もしご購入を検討中でしたら今がお試し頂くチャンスですよ!

ただしこのキャンペーンは先着1,000名様となっております。

 

なので応募が1,000名様に達し次第、キャンペーンは終了となってしまいます。

 

次回のキャンペーン実施の日取りは決まっていませんので、お試ししてみたい方はお早めにご応募下さい^^

 

 

 

 

グレインフリーは危険?猫の身体に悪いの?

先ずはこの評判が悪い口コミから見てみましょう。

いったいモグニャンキャットフードには、どんな危険があるのでしょうか?

 

評価★☆☆☆☆

モグニャンキャットフードはグレインフリーで作られています。

何も知識がなかった頃は「へぇ~、そうなんだ」と、疑いもせずに購入していました。

ですが最近、こんなことを知ったんです。

それは猫にも「少量の穀物類が必要」という事です。

 

何故必要なのかと言うと、それは猫の腸内環境を整えるために必要なんです。(猫のお通じを良くするため)

でも、グレインフリーって確か一切の穀物類[小麦粉・米・トウモロコシ等]を使用しないという意味ですよね?

なら穀物類が少量必要な猫にとって、グレインフリーであるモグニャンキャットフードは便秘になってしまう危険性はないのでしょうか?

猫にも少量の穀物が必要(猫のお通じを良くするため)だとおっしゃっています。

なるほど、確かにそういった見解があるのも確かですよね。

ですがだからと言ってグレインフリーのモグニャンキャットフードが危険な訳ではありません。

 

何故なら結局お通じを良くしているのは穀物類ではなく、穀物類に含まれる食物繊維です。

つまり食物繊維が豊富なら穀物類である必要は無いんですね。

(人間の話ですが、便秘の時は食物繊維が豊富なセロリなんかを食べると良いなんて聞きますよね)

 

モグニャンキャットフードは穀物類を使用せずに愛猫の腸内環境を整えるため、食物繊維がたっぷり含まれているサツマイモやカボチャを使用しています。

なので穀物類の食物繊維が無くても毎日のスッキリをサポートしてくれます。

ですからグレインフリーには危険なんて無いので、全く問題ありません。

逆に猫は小麦粉アレルギーを持っている場合が多く、小麦粉が含まれるキャットフードは避けるべきです。

 

もし万が一、穀物類が含まれるキャットフードを買う際には注意して下さい。

 

モグニャンキャットフードの詳細はこちら

 

 

 

 

モグニャンキャットフードの食いつきの良さが危険?

続いてはこんな悪評があったのでご紹介します。

 

評価★☆☆☆☆

モグニャンキャットフードの食いつきが良いのは分かります。

ですが食いつきを良くするために調味料などの添加物が、本当は入っているんじゃないんですか?

公式サイトには「食材の味や色を大切にし人工調味料や香料は使用していない」と書いてありますが、本当に信用出来るのですか?

 

もし人工添加物が含まれていたら猫にとっては危険です。

そんなフードをうちの猫にはあげられません。

モグニャンキャットフードが人工添加物を使用していない確かな証拠はないのでしょうか?

と言った内容の口コミです。

ちょっと調べてみたら確かに公式サイトにこう書かれていました。

Q.モグニャンは健康的ではない人工添加物を使用していますか?

A.

いいえ。モグニャンは、出来る限り自然に近い食材だけを厳選して使う事にこだわっています。

食材そのものの色や味を大切にし、人工調味料や着色料は使用していません。

とありました。

ですが確かに、これだけでは「本当かどうか分からない」という気持ちも分かります。

なので、モグニャンキャットフードが間違いなく人工添加物を使用していないという確かな証拠を探してみました。

そこで見つけたのが農林水産省のホームページです。

こちらに「ペットフード安全法 表示に関するQ&A」という項目がありました。

ペットフード安全法とは、愛がん動物用飼料(ペットフード)の安全性の確保を図るため平成21年6月1日から施行された「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」の事です。

そこにはこんなQ&Aが記載されていましたので見て下さい。

Q.原材料名は全て表示する必要がありますか?

A.使用した原材料(添加物を含む)を全て記載する必要があります。

つまり使用した原材料だけでなく、添加物も記載しなければならない義務が法律で定められているんです。

これは法律ですから守っていなはずがありません。

でなければ罰せられますからね。

 

一般的にキャットフードの調味料は、調味料(アミノ酸)やグルタミン酸ナトリウムと表記されています。

そこでモグニャンキャットフード原材料名を見てみましょう。

ちょっと見づらいかもしれませんので文字に起こします。

白身魚63%、サツマイモ、豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル、ビタミン、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、ダンデライオン

調味料(アミノ酸)やグルタミン酸ナトリウムの表記はありませんね。

つまりモグニャンキャットフードは人工調味料などの添加物は一切使用していませんので、危険は全くありません。

法律で定められている事ですから、これが安全だという確かな証拠になるのではないでしょうか。

如何だったでしょうか?

今回は「モグニャンキャットフードは危険」と言った悪評や評判について見てみました。

私はこういった内容の話のほとんどは、思い込みや勘違いから生まれる誤解だと考えています。

 

 

当然モグニャンキャットフードに、そういった危険性があるはずがありません。

私は安心・安全なモグニャンキャットフードを、愛猫に長く与え続けたいと感じています。

 

モグニャンキャットフード公式サイトはこちら

 

 

 

 

関連記事

モグニャンキャットフード、ステマ無しの口コミ!他3つの悪評

 

モグニャンキャットフードの最安値をガチ比較!1食37円でお試し出来る激安裏技

 

モグニャンキャットフードの販売店や取扱店は信用出来ない?2つの気を付けるべき事

 

モグニャンキャットフードは危険?残念過ぎる悪評・評判