安全で食いつきが良いキャットフードを我が家の猫が実際に食べた上で評価するおすすめ人気ランキングサイトです。

おすすめのキャットフードウェット缶詰とは|メリットデメリットも

キャットフード缶詰(ウェットフード)は、昔から

  • スーパーマーケット
  • ドラッグストア
  • ホームセンター
  • コンビニ

等で購入出来ます。

ですが市販の安価な缶詰キャットフードは、どうしても品質や安全性に難があります・・・。

それが心配で「愛猫には与えらえれない^^;」といった飼い主さんも少なくないかもしれません。

そんな中、最近は猫缶でも高品質な「プレミアムキャットフード」が増えてきました。

 

そこでこの記事では、ネコちゃんに与えられる

  1. 安全
  2. 無添加

おすすめキャットフード缶詰(ウェットフード)をご紹介したいと思います^^

(※キャットフードウェット缶詰のメリットデメリットについては記事後半でご紹介しています)

 

おすすめの猫用ウェットフード(缶詰)とは?

キャットフードには

  • ドライフード
  • ウェットフード

の2タイプがあります。

ドライフードとは、加熱処理をされ水分含有量が10%程度の「カリカリ」とも呼ばれる硬いキャットフードの事です。

 

逆にウェットフードは水分含有量が75%前後の、生っぽいタイプの事を言います。

近年はパウチタイプも増え「一回使い切り」のものが主流となってきましたが、缶詰タイプもまだまだ人気なんですね^^

 

そんなキャットフード缶詰(ウェットフード)でおすすめ出来るのが

カナガンキャットフードの「チキン&サーモン」なんですね^^

カナガン「チキン&サーモン」の画像

カナガンキャットフードの缶詰「チキン&サーモン」は、ドライフードと絡めて食べる栄養バランス補助食となっています。

もちろん缶詰単体でも栄養満点ですが、缶詰はドライタイプに比べ食費がかかってしまいます^^;

なのでドライフードと混ぜて与えるのがおすすめですよ^^

 

カナガンキャットフードのウェットフード缶詰、チキン&サーモンとは?

 

カナガンキャットフードと言えば

  1. 人間でも食べられる食材を使用したヒューマングレード
  2. ネコちゃんの消化に良くない穀物類を使用しないグレインフリー

を採用。

更に

  • 香料
  • 着色料
  • 人工保存料

といった添加物も不使用の無添加フード

 

当然、カナガンキャットフード「チキン&サーモン」も同じ作りとなっています。

またカナガンキャットフードの原産国は、ドライフードが「イギリス」ウェットフードが「タイ」となっていますがフードの安全性には全く問題はありません!

↓その他の「ヒューマングレード・グレインフリー・無添加」のキャットフードが気になる方はこちらもチェックしてみて下さい^^

 

モグニャンキャットフードをステマ無しで口コミレビュー!3つの悪評とは

【画像有】シンプリーキャットフードを猫に与えたガチ口コミ|悪評は?

ジャガーキャットフードを3ケ月猫に与えた口コミ|注意点は臭い!?

 

 

キャットフードウェット缶詰のデメリット

キャットフードのウェットフード(缶詰)は、一見完璧なキャットフードにも見えます。

ですが残念ながらどんなフードにも「メリットとデメリット」があるんですね。

 

まずはデメリットからお話ししましょう。

それは

  1. 開封後保存があまり出来ない
  2. ドライフードに比べ値段が高い

などがあります。

 

開封後保存があまり出来ない

缶詰のウェットフードは水分が多いため、開封後はすぐに傷んでしまいます。

もちろん冷蔵庫に保存(保管)していたとしても、開封後の賞味期限は「およそ1日」・・・。

それ以上経過したウェットフードは傷んでいる可能性があるので、ネコちゃんには与えない方がいいでしょう。

なのでキャットフードウェット缶詰を開封したら「出来る限り早く消費する」のがおすすめです。

ちなみにウェットフードの保存期間(消費期限は)

  • 未開封で約3年
  • 開封後はおおよそ1日

そしてドライフードは

  1. 未開封で約1年
  2. 開封後は2~3ヵ月

と言われています。

 

ドライフードに比べ値段が高い

ドライフードは開封後、ある程度保存がききます。(2~3か月)

なのでウェットフード(缶詰)に比べ、割安な傾向にあるんですね。

逆に缶詰は1缶1缶、少量で小分け販売となります。

キャットフードウェット缶詰の画像

なのでどうしてもドライタイプに比べ割高となってしまうのです。

 

キャットフードウェット缶詰のメリット

キャットフードウェット缶詰のメリットは

  • 水分含有率が高いので胃腸に優しい
  • 香りが豊かで食いつきが良い

といった事が挙げられます。

 

水分含有率が高いので胃腸に優しい

猫はもともと砂漠地方の出身という事もあり、あまり水分を飲まない性質なんですね。

といっても「水が必要無い」訳ではありません!

猫だって水を飲まなければ水分不足で倒れてしまいます。

ですが匂いに敏感なネコちゃんは、水をあげても中々飲まない場合が・・・。

そんな時に役立つのがキャットフードのウェット缶詰なんですね^^

ウェットフード缶詰は、ドライフードと違い水分含有率が高いんです。

なので普段あまり水を口にしてくれないネコちゃんでも、しっかりと水分補給する事が期待出来るんですよ^^

ウェットフードを食べる猫の画像

 

香りが豊かで食いつきが良い

キャットフードのウェット缶詰は、ドライフードほど加工されていないため肉本来の香りや風味が残っています。

また、水分が多いため「柔らかくて食べやすい」というのもあるかもしれません。

特に

  1. 子猫
  2. 老猫

といった「アゴの力が弱い」ネコちゃんにはおすすめですね^^

※もし食いつきが良くない場合は「人肌程度に温める」のも良いでしょう。

 

温める事で更に香りや風味が増すため、ネコちゃんの食欲をそそるんですね!