安全で食いつきが良いキャットフードを我が家の猫が実際に食べた上で評価するおすすめ人気ランキングサイトです。

【キャットフード】チャオチュールの食いつきが異常?成分や原材料は?

ネコちゃんのおやつとして抜群の人気をほこる「チャオチュール」。

その食いつきを見ると分かるんですが、もの凄い夢中で食べるんですね^^

なのでおやつの与え過ぎでキャットフード(餌)を食べなくなってしまうなんて事も^^;

 

しかもその異常なまでの食いつきで「原材料に何か危険な成分が・・・?」なんて思ってしまう飼い主さんもいらっしゃるんだとか。

確かにどんなに食いつきが良くても「安全性に問題」があったとしたら、愛猫には与えられませんよね・・・。

そこでチャオチュールの成分や原材料等をチェックしてみて、安全性を確認してみたいと思います。

チャオチュールの画像

 

チャオチュールとは?

チャオチュールは「いなばペットフード」から販売されているキャットフード(おやつ)です。

チャオチュールには

  • まぐろ
  • かつお
  • とりささみ

等を中心に、様々なフレーバーのキャットフード(おやつ)が販売されています。

チャオチュールは、1袋4本のスティックが入っています。

1本約14g。

そしてキャットフードやその他のおやつと違い、ペースト状(液状)でできているんですね。

それが一回分づつ小分けされているので、おやつとしては丁度良いんですね!

また、チャオチュールのパッケージ裏には「1日4本を目安として与えて下さい」との記載がありますが、飼っていらっしゃるネコちゃんの体調や体重を確認して与える量を調整してあげて下さい^^

 

チャオチュールの成分

チャオチュールの成分表は

粗たん白質 7.0%以上
粗脂肪 0.2%以上
粗繊維 0.1%以下
粗灰分 1.5%以下
水分 91.0%以下
カロリー 約7kcal/本

と表記されています。

 

チャオチュールのカロリーは1本約7kcalと高くなく、おやつとしては丁度良いでしょう。

ですが与え過ぎると肥満や、ご飯を食べない原因になる可能性があります^^;

なので与え過ぎには注意しましょう!

 

またチャオチュールの水分は全体のおよそ90%も占めています。

ネコちゃんはもともと水分をあまり摂取しない動物ですから「水分不足」になりがちなんですね。

その点でもチャオチュールは、ネコちゃんの水分不足を補助してくれるかもしれませんよ^^

 

チャオチュールの原材料

チャオチュールの原材料は、フレーバーによって主原料は違いますがその他はほとんど変わりません。

↓例えば、チャオチュール「まぐろ」の原材料を見てみましょう。

まぐろ、まぐろエキス、タンパク化水分解物、糖類(オリゴ糖)、植物性油脂、増粘剤(加工でん粉)、ミネラル類、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)、ビタミンE、緑茶エキス、紅麹色素

このように、主原料にはしっかりと「まぐろ」を使用しています!

(※低品質なキャットフードだと「魚類」や「ファイッシュミール」等の表記が多いです)

ただし注意して頂きたいのが「調味料(アミノ酸等)」ですね。

こういった添加物が含有する場合は「塩分」が含まれる場合が考えられます。

そしてネコちゃんは「塩分処理」をする腎臓が、比較的弱い動物でもあるんですね。

 

なので腎臓が弱い、または腎臓が気になるネコちゃんには与え過ぎないよう注意して下さい!

 

チャオチュールの口コミ

チャオチュールを与えた事がある方なら分かると思いますが、その食いつきは異常と言っても良いくらいの中毒性があります!

ひょっとして何か危険なものでも?」と疑いたくなるような程なんですね^^

(※危険な成分や原材料は使用していません!)

そんなチャオチュールのネット上での口コミや感想、その他評価・評判をご紹介したいと思います。

おすすめ度★★★★★

かなり食いつき良いです^^

 

待ちきれないと言わんばかりにチャオチュールの袋に噛みついてきます!

おすすめ度★★★★★

我が家では朝ごはんに与えています。

 

朝に3本。

 

与え過ぎかな?

おすすめ度★★★★★

うちの子はスティックから直接食べます。

 

美味しそうにペロペロしてる姿がたまらなく可愛いんです^^

おすすめ度★★★★☆

CMを観て半信半疑でしたが、恐ろしい程の食いつきにビックリ!

 

ただもうちょっと値段が低いと嬉しいですね。

おすすめ度★★★★★

家の猫は早食いのくせがあって、たまに吐いたりします。

 

ですがチャオチュールなら吐かずに食べれるので、おやつに食べさせています^^

 

チャオチュールを実際に食べた感想

ホームセンターやドラッグストア・ペットショップで売っている安価なキャットフードだと「臭い;;」と感じる事もあります。

ですがチャオチュール(まぐろ)の香りは、ほどよい魚の香りで正直「ちょっと良い匂い」と感じました。

確かにこの香りなら愛猫の嗜好性を刺激し、袋を見ただけでも食いついてくるかもしれません^^;

そして肝心の「味」についてなんですが、私が実際に食べてみました!

ハッキリ言ってしまえば「うまい!」という訳ではありませんが、魚(まぐろ)本来の味と風味がしっかりと感じられ「旨味が凝縮」したような味でした。

ただ塩味はほとんど無いように感じました。(猫にとっては十分な塩味なのでしょう)

個人的には醤油をかければ「普通に食べられる」と思ったくらいです。

つまりそれだけチャオチュールは「安全性の高い食材(原材料)を使用」しているのではないでしょうか!

 

関連記事

おすすめキャットフードランキングはこちら