安全で食いつきが良いキャットフードを我が家の猫が実際に食べた上で評価するおすすめ人気ランキングサイトです。

猫は引っ越しにストレスが?引っ越し当日と新居に慣れるまでの注意点

新居を決める際に色々物件を見て回り「ここにしよう!」と決めた方は「引っ越しが楽しみ」と感じる方も多いでしょう^^

ですがはどうでしょうか・・・?

猫を飼っていらっしゃる方で引っ越しをされる場合も考えられます。

 

猫は新しいお家へ引っ越す事をどう感じているのか気になりますよね。

そこで今回の記事では猫は引っ越しにストレスを感じるのかについて詳しくお話ししていきたいと思います。

また、猫と一緒に引っ越しする前日や当日、そして引っ越し後の注意点などもご紹介しています。

引っ越しの画像

 

猫は引っ越しにストレスを感じる?

猫は繊細であると同時に警戒心の強い生き物なんですね。

なので例えば住み慣れた家でも

  • 新しい家具を置く
  • 部屋の模様替えをした
  • 知らない人が来た
  • 味の違うキャットフードに切り替えた
  • 食事の皿を買えた

といった大きな変化から小さいな変化まで敏感に反応し警戒します。

猫は自らの縄張りを大切にしていますから、少しの環境の変化でも「縄張りに異常が発生した!」と判断するんですよ。

そして普段の動きをしなくなる場合もあるんですね。

 

つまり猫は住環居が変わる事を嫌います

という事は「引っ越し」は、猫にとって最大限のストレスを感じる大イベントなんですね・・・^^;

 

もし引っ越しをしたら、猫は新居に慣れるまで怖がって物陰から出てこない可能性もありますし、最初はご飯(餌)もろくに食べないかもしれません。

更にここにストレスの負担がかかると

  1. 下痢
  2. 嘔吐
  3. 食欲不振
  4. 肥満
  5. 糖尿病
  6. 異食症
  7. 心因性脱毛
  8. 突発性膀胱炎
  9. 猫ウィルス性鼻器官炎

などなど、病気の危険性があるんです^^;

ストレスを感じている猫

なのでこういった状況ならないためにも、猫と一緒に引っ越しする際の注意点を見てみましょう!

 

引っ越し前日までの注意点

猫にとって引っ越しはストレスを強く感じる一大イベントとなります。

なのでなるべくストレスフリーで過ごせるよう事前の準備をしましょう。

 

猫が引っ越すまでに気を付けていきたい注意点は

  • なるべく環境を変化させない
  • 前もって猫の居場所を決めておく
  • 使用した猫砂を取っておく
  • 引っ越し先の動物病院を調べておく

などがあります。

 

なるべく環境を変化させない

引っ越しする前は荷造りなどでバタバタしがちです。

引っ越しの準備で慌ただしくしていると猫がストレスを感じてしまいます^^;

なでの引っ越しの準備をする際は「猫が生活している部屋と荷造りの部屋は分ける」ことを心がけましょう。

荷造り中の画像

そして飼い主さんは、なるべく普段通り落ち着いた行動をとるようにして下さい。

それだけでも猫のストレスは軽減出来ます。

 

前もって猫の対応を決めておく

猫には引っ越し前・引っ越し後にも生活する場が必要です。

食事をする場所・トイレ・リラックス出来る場所等々。

移動中などもストレスを感じないよう出来るだけ配慮しなければいけません。

 

そういった事を踏まえ「引っ越し当日はどのように行動するか」を前もって決めておくと、いざ引っ越し当日になってから焦らずに済みます。

また、そういった飼い主さんの焦りを、猫は敏感に感じ取りストレスになってしまう可能性も・・・。

なので引っ越し当日の猫の対応を事前に決めておきましょう!

 

使用した猫砂を取っておく

猫は新居に引っ越すと「知らない場所・自分の匂いがしない」といった新しい環境に戸惑いストレスを感じるもの。

ですが新居に引っ越すこと自体はどうする事も出来ないので、せめて猫の匂いが付いたものを持ち込みましょう。

猫は自分の匂いのするものがあると安心するんですね。

 

特に最も効果的なのが「使用した猫砂」です。

猫砂

「ちょっと汚い^^;」と感じる方は袋に何十にも包み、引っ越し先に持っていきましょう。

(※尿や糞が付いてる砂ではなく一度トイレに入れた砂です)

その他にも

  1. 猫のオモチャ
  2. 愛用の毛布・タオル等
  3. キャットタワー

といった「猫の匂い」がするものは捨てずに使って下さい

 

引っ越し先の動物病院を調べておく

引っ越しの準備で慌ただしくしていると猫はストレスを感じてしまいます。

また、引っ越し当日や引っ越し直後なども、何かしらの体調不良にならないとも限りません。

ですがいざという時に「動物病院の場所が分からない!」では困ってしまいます。

 

そうならないように、あらかじめ引っ越し先の動物病院は調べておきましょう

 

引っ越しする当日の注意点

引っ越し当日にも出来る限り猫にストレスを感じさせない配慮が必要です。

その注意点は

  • 猫の脱走に注意
  • 猫を引っ越し先まで安全に運ぶ
  • 万が一を考えペットホテル
  • 出る時は猫が最後、入る時は猫が最初

等があるんですね。

では1つ1つ見ていきたいと思います。

 

猫の脱走に注意

荷物の運び出しや引っ越し業者の出入り等、引っ越し当日は前日までの荷造り以上に慌ただしくなります。

そうすると、それに乗じて猫が脱走する場合が考えられるんですね^^;

一度脱走されると探すのに時間がかかりますし、もし新居で脱走されると猫も飼い主も土地勘が無く大変危険です!

 

なので引っ越し当日は、猫をキャリーバッグ等で「隔離する」といった対応策を取るのも1つの手です。

キャリーバッグに入った猫

多少ストレスを感じるかもしれませんが仕方がありません^^;

脱走されるよりはマシです。

 

また、引っ越し業者や引っ越しのお手伝いの方にも「猫が脱走しないよう気を付けて欲しい」と前もって伝えておきましょう。

 

猫を引っ越し先まで安全に運ぶ

猫が脱走しないよう配慮するのに加え、新居への移動の事も考えなければいけません。

ケージやキャリーバッグで運ぶ際も、出来るだけ短い時間で済むようにしてあげて下さい。

とは言っても、時間がかかる場合も十分考えられます。

 

そういった時は、外の様子が分からないようにケージやバッグに布等をかけてストレスを感じないようにしましょう

 

万が一を考えペットホテル

引っ越し当日は

  1. 引っ越し業者への対応
  2. ご近所さんへのあいさつ

などなど、色々と気をかける事が多いんですよね。

なので正直、そんな時に「猫の面倒はちょっと無理^^;」なんて方もいらっしゃるかもしれません・・・。

 

そんな時は思い切ってペットホテルを活用しましょう!

ペットホテルなら脱走される心配も、移動時のストレスもありません。

ですがペットホテルに宿泊すること自体にも少なからずストレスを感じてしまう可能性も・・・。

 

なので利用するホテルは猫専用のホテルを選んであげるとストレス軽減に繋がりますよ。

猫専門ペットホテルの画像

 

出る時は猫が最後、入る時は猫が最初

もし飼い主さんが自分の車で移動出来る場合は、猫も一緒に連れて移動しましょう。

それだけでも猫のストレスは軽減されます。

 

ですが猫を引っ越しの荷物と一緒に運ぶ際は、最後に積んで新居についたら「一番最初」に降ろすようにしてあげて下さい。

新居に入れたら部屋に水とトイレを設置し「鍵をかける」等して脱走しないように対策を取りましょう。

最後に積んで最初に降ろす事によって様々なトラブル(脱走など)を回避出来るんですね!

 

引っ越しした後日の注意点

引っ越し後にも猫がストレスを感じないよう配慮しなければいけない事がります。

それは

  • 引っ越しが終わったら新居を案内
  • 新しい家具は猫が新居に慣れてから

等です。

 

引っ越しが終わったら新居を案内

引っ越しが一段落下したら隔離していた部屋から猫を出し、新居を探検させてあげて下さい。

ですがあくまでも猫のペースに合わせる事を忘れずに。

特に引っ越し直後は不安を感じているので、隠れている場所から無理矢理引っ張り出すのはNGです!

 

新しい家具は猫が新居に慣れてから

引っ越しをしたら新居に移ると同時に家具も新調したくなりますが、出来れば引っ越し直後は避けましょう。

ただでさえ猫は知らない場所に引っ越してきてストレスを感じているのに、慣れていない新しい家具に変えてしまうと不安を感じてしまいます。

なので家具や猫のトイレ、オモチャやキャットタワー等は前の家で使っていたものを使いましょう

キャットタワーの画像

猫がだんだんと新居に慣れてきた頃に少しずつ新調していくのがおすすめですね!

 

猫が新居に慣れるまで

猫は引っ越しをして新居に移り住んだ事によって、大きなストレスを感じています。

なので新居に慣れるまで

  1. いつも以上にスキンシップをとる
  2. 以前の家と環境を似せる

といった対応策を取りましょう。

 

いつも以上にスキンシップをとる

猫は引っ越ししたことによって気持ちが不安定な状態となっています。

なので名前を呼んだり撫でるなどしてスキンシップをとりましょう。

そうする事で「慣れていない場所にいる」という不安を少しでも取り除いてあげて下さい。

 

また、猫を運動させることでもストレスの発散に繋がります。

以前の家から持ち込んだ猫のオモチャやキャットタワー等で遊ばせ、スキンシップをとりましょう!

 

以前の家と環境を似せる

「以前の家と似たような環境にする」だけでも猫のストレス軽減になります。

例えば家具の配置がそうですね。

タンスやソファ、食器棚など以前の家と同じような配置にして下さい。

 

持ち込んだ猫のお気に入り(オモチャや毛布、タオル等)やキャットタワーも以前のように配置してみましょう。

猫のお気に入りを新居で使う事で新しい環境に慣れやすくなるんですね。

また、新しい家具に変えたとしても以前の家と同じような配置にする事で猫はストレスを感じづらくなるようです。